二重まぶた方法の注意点

こんばんは、ありさです。二重まぶたに憧れ、しつこくあれこれ自力で試してみる私です。相手にするのは、戦いの相手は(笑)自分の大切な目です。痛めないように自力で二重まぶたを手に入れるには、いくつかの注意点も把握していた方がいいみたいです。

二重まぶた化粧品を使って、自力で二重まぶたを目指している方々に注意して頂きたい事があります。それは何かといいますと、アイプチや二重まぶた化粧品などの使いすぎで起こる、皮膚炎などの後遺症です。

そうですよね、皮膚が痛むとせっかくの努力が水の泡です。自分の肌をいたわりながら、二重まぶたにもなるようにしていかなくてはいけないのですね。

アイプチなどは一度使っただけでなる方もいれば、何度か使っていくうちに症状が現れる人もいます。特に皮膚の弱い人は、十分注意して使用しなければいけません。

アイプチやテープ、クリームなどなど・・・、成分が優しい・安心・などと書かれていても、パッチテストを忘れずに行ったりして使用の際には十分気をつけてください。

ちなみに、アイプチやテープは、24時間つけっぱなしの方が跡がつきやすいなどと勘違いされがちですが、決してそんなことはありません。むしろ、皮膚に負担をかけ、招かなくていい後遺症を招いてしまう恐れもあります。

手抜きをしてしまうと・・・こんな後遺症に注意!!

●まぶたの腫れ、かぶれ
これが一番多い症状といえます。腫れがひどい場合、今までよりもひどい一重になってしまうことも。
●カサカサに乾燥
皮膚がぼろぼろになってしまう恐れも。
●色素沈着
薬液を塗った部分が黒ずんでしまう場合いも。

こういった化粧品を使うことで、そのときは簡単に二重になることが出来ますが、上記に書いてあるようなリスクがあることも忘れないでください。何の道具を使わなくても、目の体操やエクササイズ、マッサージで二重まぶたに近づくことも可能だともいわれています。

二重まぶた化粧品の使用法はよく守り、上手に付き合っていけるよう頑張ってください。美しくなるためには、地味な努力が必要ですね。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。